FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月度登山教室(中級)

さて、今回は 初級クラスを受講された方が
次のステップ 中級クラスを受講されている様子を
ご紹介します。

中級クラスでは

沢歩きを通じて、岩場の通過や登擧具の基礎的な使用方法の習熟と安全な移動方法を身につけることを目的として行われます

7月度は 屏風川 ~ 枯木ヶ谷 ~ 屏風川中俣谷出合 ~ 古倉山 ~ 天下辻 ~ 鎌ヶ谷左俣終了点


7月中級2


入渓の準備をしています。
沢用の靴を履いて 沢用のソックス
ヘルメット・ハーネス・手袋 を装着
安全確保の為の ロープも準備しておきます。

準備体操

現在地を確認 をしてから


7月中級3


入渓し沢歩き開始
沢での靴の特徴など確認しながら歩きます
まずは、自分の靴の水の中での特性を知ることが大切です!!


7月中級4


ここで岩場の通過の基本動作 三点支持で移動


7月中級6


7月中級1


古倉山
休憩 昼食後は
地図で次の目的地へのルートの確認やコンパスの使い方を確認

7月中級7


沢筋で 通過路の特性による歩行方法を学びます

沢筋での休憩場所の選定として どんなところが危険なのか?

安全登山をする中で とても重要でありながら、

つい 忘れがち Σ(゚д゚|||)

休憩となると 腰をおろしやすいところ をつい探してしましますが

沢では 落石など 危険と 隣合わせ

安全な場所での休憩 について 再確認しました。


7月中級の軌跡

今回のルートで 枯木ヶ谷池から 天下辻 までの

ルートファインディング さて どこを通りますか?

今回は、 古倉山へ向かい 古倉尾根を下り  中俣谷から 天下辻へ向かう

という 通過ルートの選び方 を 学びました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

主任講師プロフィール

<重廣恒夫>

主任講師・重廣恒夫

1973年エベレスト南西壁の登山隊を皮切りに 2016年までに13回のヒマラヤ登山隊に参加しチョモランマ北壁初登摯、K2第2登など、8000m峰 4山、7000 m峰3山、6000m峰1山に登頂。文部省登山研修所(現国立登山研修所)で講師・主任講師を務めた。

初級講師プロフィール

<辻 和雄>

初級講座講師・辻 和雄 2013年7月~2016年12月
朝日カルチャーセンター(中之島教室)の現地登山講座講師

初級講師プロフィール

<黒田 記代>

初級講座講師・黒田記代
日本体育協会公認 山岳上級指導員

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。