FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月度登山教室(上級)

さて、初級クラス 中級クラス と少しご紹介しましたが、

今回は、7月度の上級クラスを 覗いてみました!!

上級クラスでは

基礎的な岩登り、沢登り、積雪期登山を通じて安全登山の知識と技術を取得することを
目的としています。

5月、6月 と岩登りで必要な

フリクション   足の置き方 
フットホールド  不安定箇所のこなし方  
ハンドホールド 使い方と間隔

を岩場を使って 何度も 練習します。

 ロープの使用では 安全確保の仕方
クローブヒッチ でセルフビレイを取る方法

懸垂下降の仕方 では
エイト環を使って下降法 

を 色々な岩場を使って 学んできました。

さて、7月度は、 不動岩 での講習です。

7月度上級1

岩場歩行では、足の置き方や置き場に注意し 落石を起さないよう
丁寧に歩きます。

7月度上級3

今回は、こちらの岩場を登りますo(^▽^)o

7月度上級2

次の人は、セルフビレイをし 登る人のビレイをします

7がt(土)上級5

ビレイの時の足の置き場や体の向き
ロープをどのように動かすのか これまで
習ってきましたが、さらに細かく指導中!!(勉強になります)

7月度上級6

こちらは エイト環を使っての 懸垂下降 必死で
周辺を見る余裕がありません 。゚(゚´Д`゚)゚。

7月度上級7

一方 講師は、下る方向の確認をしながら 安定した下降の見本を

7月度上級8

エイト環の使い方を再確認中
エイト環をスムースにセットできるように練習が必要ですね!

7月度上級9

こんな道具見たことありますよね?
これがエイト環です

7月度上級10


そしてこれまで学んできた クローブヒッチ に加え

安全環付カラビナを使用した下降方法をレクチャー中

7月度上級11


安全登山の為に 必要なロープワーク 
山ではいつどんなことに遭遇するかわかりません。
安全を確保する為に必要な様々な方法を学びます

その後二人一組で 安全環付カラビナを使って ムンターヒッチ
自分で懸垂下降する練習や 相手を安全に登り下りさせる
練習をしましたよ!!

7月度上級12

そして、安全環付カラビナを使って 懸垂下降 
もし、上手くいかなくても練習なので 講師がしっかり近くで見守りながら 安全を確保してくれています。


上級クラスでは、こんなことを学んでいます。

8月は、座学です。

9月からは、沢登り となります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

主任講師プロフィール

<重廣恒夫>

主任講師・重廣恒夫

1973年エベレスト南西壁の登山隊を皮切りに 2016年までに13回のヒマラヤ登山隊に参加しチョモランマ北壁初登摯、K2第2登など、8000m峰 4山、7000 m峰3山、6000m峰1山に登頂。文部省登山研修所(現国立登山研修所)で講師・主任講師を務めた。

初級講師プロフィール

<辻 和雄>

初級講座講師・辻 和雄 2013年7月~2016年12月
朝日カルチャーセンター(中之島教室)の現地登山講座講師

初級講師プロフィール

<黒田 記代>

初級講座講師・黒田記代
日本体育協会公認 山岳上級指導員

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。